富山で創業90年。北陸・上信越エリア最大級の司法書士事務所。不動産登記、商業登記、相続、のご相談は司法書士法人谷道事務所。

公正証書遺言


遺言の種類には公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。

公正証書遺言


公証人が遺言者から遺言の内容を聞き取って、公証人が作成する方式です。

他の遺言と違い、遺言が無効になることはまずありません。公証人が目を通し、事前に司法書士にも依頼してあれば二重のチェックとなり、間違いのない遺言書の作成が可能です。また、破り捨てられたり、偽造されることもありませんので、最も確実な遺言の方法といえるでしょう。

作成には公証人役場の手数料と、作成の際の2名の証人が必要になります。

公正証書遺言はその名の通り公証人が作成する方式であるため、正式な文書と確実に認められ、紛失した際にも再発行を行うことが出来ます。

「自分の意図した遺言が法的効果を確実に発揮する」という点において、公正証書遺言は他の遺言とくらべて優れているといえるでしょう。



公正証書遺言のメリット


1.遺言書の有効性が問われる心配がない。

2.原本が公証役場に保存されるので紛失の心配がない。

3.検認手続きが不要。




公正証書遺言のデメリット


1.手数料がかかる

2.公証人と証人2人には内容を見せるので、完全に秘密にすることはできない

3.公証役場へ出向く必要がある


司法書士には罰則付きの守秘義務が課せられているので、遺言の内容が外に漏れることはありません。



公正証書の作成手続き


1.遺言書作成のご相談・ご依頼

まずはご相談ください、お客様個別の案件に沿ったお話をさせていただきます

2.文案作成・必要書類の代理取得

遺言書に記載する内容を適切な表現に落とし込み、文案を作成します
必要な書類の代理取得をします

3.公証人役場への事前調整・日時予約

公証人役場に事前に資料を提供し、内容の事前調整と公証人役場の日時の予約をします

4.公正証書作成

予約した日時に公証人役場で遺言公正証書を作成します
立会人(証人)2人をご用意できない場合には、お手伝いさせていただきます