富山で創業90年。北陸・上信越エリア最大級の司法書士事務所。不動産登記、商業登記、相続、のご相談は司法書士法人谷道事務所。

【2013.12.27】14歳の挑戦・2


今年も残すところあとわずかになりました。

私も今日が今年最後の出社日となります。

この時期になると一年を振り返ってみるのですが、
私にとってこの1年は人生の転機になるような年でした。

嬉しいことも悲しいこともあったなぁとしみじみしております。

皆様にとってこの1年はどのような年でしたか?

それぞれいろいろな想いがあるとは思いますが、

来年は皆様にとってすばらしい1年になることを心よりお祈り申し上げます。


さて、
ながながとしてしまいましたが、本題に入らせていただきます。

以前に14歳の挑戦ということで弊所に来ていただいた学生さんからの
心温まる手紙を紹介させていただきましたが、

今回はその学生さんの職場体験を通じての感想をいただきましたので、
ご紹介させていただきたいと思います。

※原文ママ

【大きなプラスになった十四歳の挑戦】
私は司法書士谷道事務所での十四歳の挑戦を希望しました。
なぜなら私は将来法律関係の仕事に就くことに興味があったからです。
しかし私は興味があっただけでどんな仕事をするのか全く知らず、とても不安でした。
そして迎えた初日、緊張と不安でいっぱいでした。
でも、担当の方々が私に優しく丁寧に教えてくださり、
不安や緊張はすぐになくなりました。
それからの五日間、私は毎日が楽しく充実していました。
特に、二日目、三日目の法務局と裁判所の見学は、とても楽しかったです。
普段行くことがなかった場所だったので、この十四歳の挑戦で行くことができ
とてもいい経験になりました。
この五日間で、たくさんの言葉や場所を知りました。
また、仕事の楽しさや大変さを学びました。
私にとってこの十四歳の挑戦は将来に向けての大きなプラスになったと思います。
私にたくさんのことを教えていただいた事業所の皆さんにとても感謝しています。
貴重な体験をありがとうございました。
(Sさん)


【信頼されるということ】
「富山県でナンバーワンに信頼される事務所を目指して。」
これが、私が五日間通勤した司法書士谷道事務所のモットーです。
私は、この五日間を通して、なぜこの事務所が信頼されるのか、
という秘密を知ることができました。
まず、事務所内の所員の皆さんの行動は、一つ一つが丁寧です。
仕事にしても、接客にしても、お客様のために最善を尽くしておられました。
説明をする際には、相手の目をしっかりと見て、相手が納得のいくまで
じっくり時間をかけて説明をしておられる姿には、信頼感だけでなく、
安心感もありました。
そして、所員同士で声をかけ合っていることも信頼につながっていました。
所員が出かけるときには「行ってきます。」それを聞いた、他の所員の方々は
「行ってらっしゃい。」こういった温かいコミュニケーションが仕事のミスを減らし、
互いを信頼する関係を築きあげていることに、驚きました。
人から信頼されるために、必要なこと。これが社会にどれだけ役立つか、
全く知りませんでした。社会は信頼で成り立っています。
今回学んだことを今後の自分の生活の支えとしていきたいと思います。
(Tさん)


お二人にとって弊所での経験が今後の人生の肥やしになっていただけたみたいで、
本当に嬉しいです。

来年も再来年もずっとずっと、信頼される事務所を目指し精進し続けたいと思います。


それでは皆様、良いお年を!

中村